「FUKUSHI meets!」に出展して感じたこと。