ブログ

地域でのコラボレーション

六心会ではこの6月からコミュニティ食堂を始めた。名付けて「コミュニティ食堂てんびんの里みなみ」。

ただ、六心会だけで始めたものではない。

隣接する社会福祉法人、社会福祉協議会、そして住民のみなさんと相談しながらスタートした。

それぞれの思いがそれぞれにあって、ベクトルを合わせていくプロセスは、

バンドのチューニングやウォーミングアップに似ている。

長く続けていきたい、その思いの一つとして、

社会福祉法人グロー養護老人ホームきぬがさ上野さん、六心会地域支援担当辻が

東近江市社会福祉協議会広報誌で対談をさせていただいた。

 

記事はこちらから