ブログ

県域を超えた複数の社会福祉法人共同による 災害等対策及び福祉人材確保育成事業

令和3(2021)年度「小規模法人ネットワーク化による推進事業 県域を超えた複数の社会福祉法人共同による災害等対策及び福祉人材確保育成事業」報告書ができあがりました。

リガーレでは、これまで人材の育成・定着や経営基盤強化など、所在する地域にかかわらず各法人に共通する課題に取り組んできました。とりわけ人材育成の要である階層別研修において、今年度はオンラインシステムによるグループ演習のあり方を検討、充実するためのファシリテーター養成を行うなど新たな領域への工夫も行ってきました。また、人材確保についてはホームページ等インターネットによる発信を通じたグループのブランディングの構築、法人間人事交流によるIターンへのインセンティブを設けるなどの試みや、さらに、人口減少によるサービスニーズの変化に適合する事業のあり方の検討、災害や感染症等への対策の検討やBCP作成の学習なども行いました。

資料としてまとめていますのでご覧下さい。

報告書 前編

報告書 中編

報告書 後編